修繕依頼の流れ《予約から契約まで》

事前診断や点検の予約

修繕依頼の前に、事前診断や点検の予約をします。プロの目から見て修繕すべきところを教えてくれるだけでなく、今後起こりうる不具合を早期発見出来るなど、メリットも多いです。診断結果に基づいて、修繕依頼を進めます。

公益費の中から予算額を決める

マンションの公益費の中から、修繕費用として使う予算を決めます。修繕を希望する箇所が多い少ないに関わらず、積み立てている公益費とのバランスをよく考えて予算を出すことが大切です。大体の上限金額を確立させておくと、依頼がスムーズに進みます。

複数の業者に見積もりを依頼

工事の契約をする前に、見積もりを出して貰うことを忘れてはいけません。予算内で工事が終わるかを確認するために、細かな見積もりを依頼しましょう。業者によって大きく費用に差が出ることもあるため、複数の業者に依頼をするのもオススメです。

工事計画などの相談をする

見積もり内容から依頼したい業者を選び、工事計画の相談をします。ここから有料サービスになることが多いので、相談する業者は1つに絞りましょう。費用に関して不安がある場合は材料やグレードの交渉をして、工事工程と期間についておおよその計画を立てます。

大規模修繕契約と工事開始

内容に不備がなければ、マンション大規模修繕の契約をします。契約時には、アフターサービスなど確認漏れが無いように契約書を隅々までチェックすることを忘れないようにしましょう。工事開始までに、マンションの住民と意思の疎通が上手く取れる環境を作っておくことも大切です。

安心して修繕を行うために

初めて大規模修繕を行う場合、予算の相場や工事期間の決め方など、あらかじめ知識を持つことで安心して依頼を進めることが出来ます。多くのマンションでは、予算を100万円前後と設定しており、約12年ごとに大規模修繕を行うと良いと言われています。

建て替えと修繕のメリット比較

建て替えでしか行えない根本的な問題解決がある

マンションの老朽化が進むにつれて、修繕だけでは根本的な解決にならない問題が生じることがあります。例えば、住民の間で壁の薄さが悩みになっていたり、耐震設計に不安があったりする場合です。大規模修繕を繰り返しても改善出来ずに不満が残る問題が多ければ、建て替えにメリットがあると言えます。

住民の負担を避け高い技術で改善を行う修繕

費用面だけでなく安定した暮らしをしたいという点からも、建て替えではなく修繕を望む声も多いです。断熱性の強化やエレベーターの設置など、大規模修繕で改善出来る部分も多いため、一時的とはいえ住居を変えるよりも望まれることがあります。

[PR]大規模修繕を専門業者に依頼
施工実績が豊富!

[PR]大規模修繕工事の方法を解説!
施工を依頼する前にcheck☆

時間も費用もかかるマンション大規模修繕は信頼できる業者に任せよう

リフォーム

大規模修繕とは

分譲マンションに住み続けていると、老朽化や生活への不具合が見られることがあります。それらを定期的に改善していくのが、大規模修繕です。範囲は外壁から共用部、給水管工事まで幅広く、住民の声を元に修繕していきます。

修繕の利点

建て替えよりも費用が安く、住民の負担が少ないことが修繕の利点です。また、定期的に修繕を行うことによりマンションの耐久性を保つことにも繋がり、資産性が高くなります。個々の声に耳を傾け、細かな作業を行えるという点でもメリットは大きいです。

業者の選び方

大規模修繕を依頼する際には、様々な観点から業者を選別する必要があります。予算などの条件から費用が安い業者を選びがちですが、優れた技術や業者ならではの特色も大切な判断材料です。修繕するマンションに適したメリットを考えて選びましょう。

比較することが大切

複数の修繕業者を比較することで、満足度の高い大規模修繕を行うことが出来ます。見積もりを複数の業者に依頼することは勿論ですが、ホームページや口コミなども深く調べて、技術の高さやアフターサービスの有無なども比較しましょう。

広告募集中